本文へスキップ

さいたま市で初の身体障害者を中心としたケアホーム

電話でのお問い合わせは048-778-8300

〒331-0052 さいたま市西区三橋6-1645-1-309

HEADLINE


Number.18 2016クリスマスパーティー!!
昨年12月24日、グループホーム恒例のクリスマスパーティーを開催しました!      

今年は、グループホームのメンバーとスタッフに加え、サンタさんが2名参加!!



会場となるリビングルームの飾りつけもクリスマスバージョンへ。



もちろん料理もクリスマスディナーで、食事の締めはクリスマスケーキ!
美味しくいただきました



Number.17 クリスマスパーティー開催!!

昨年に続き、今年もグループホームではクリスマスパーティーを開催しました!
今回は、ケアクラブとグループホームの合同パーティーということで、参加者は20名近くにもなり
大変盛り上がりました!      

12月23日(水)にグループホームでクリスマス会を行いました!!


室内の飾りつもバッチリ、準備万端です!
リビングルームが会場となりましたが、いつもは広々としたこの場所も、この日ばかりは人でいっぱいといったところでした。

乾杯からはじまり、チキン、ピザ、お寿司など料理も盛りだくさん、お酒も入りかなりクリスマスムードも高まりました。

自己紹介タイムでは、なかなかきわどい質問も飛び交い、答えに大いに沸く場面も!




後半はお待ちかねのビンゴゲーム!! 次々と呼ばれる数字に一喜一憂、こちらも楽しい時間となりました。



最後はお待ちかねのクリスマスケーキ。
ビンゴゲームの余韻も残るなかで、美味しくいただきました。



Number.16 ケアホーム、ある休日の風景New 〜入居者編〜

ホームの仲間と一緒に絵を描いて過ごしました。  

完全オフの日には、入居者の皆さんはおのおのの休日を過ごしています。
この日はホームのリビングで絵を描いて楽しみました。




出来上がった作品がこちら!
とっても素敵な絵になりました!



Number.15 ケアホームの仲間たち-5 〜入居者編〜

グループホーム2人目の女性入居者となった岡田さん。
今では、すっかり自分の生活リズムも出来上がり、充実した生活を送っているようです。

自分のペースで楽しんでます!

1月5日に、ドッポケアホーム宝来に入居した岡田里美です。
月日は早いもので、もう半年が過ぎてしまいました。
私の部屋は角部屋で、陽当たりが最高です。
朝は2つの窓からいい風が入ってきます。
窓から、春は菜の花、夏の今はひまわりが見えています。
部屋にいながら、お花見が出来ます。
秋、また冬にどんな花が見られるのか、今から楽しみです。

平日は、月曜日から木曜日まで上尾のあけぼのに通い、金曜日にはドッポジョブセンター日進で内職の仕事をしています。
ホームに帰ってきてから毎日お風呂に入ります。
そして夕食は18時45分ごろから、品数が多い日には2時間近くかかりながら食べています。ゆっくりマイペースで夜の生活を楽しんでいます。
職員さんが作ってくれる料理は、とても美味しいです。
たまにお酒を買ってきて、夕食と一緒に飲んでいます。

土曜日や日曜日は、移動支援を使い、ヘルパーさんとららぽーとやステラタウンに行ったり、ハワイアンパンケーキを食べに出かけています。
また、私の趣味で沖縄の「エイサー」を習っています。先日、エイサーの演舞本番がイオン与野であって、移動支援で行ってきました。その時、ホームの仲間が見に来てくれました。
とてもいい思い出が出来ました。

ひとりで出かける事もあって、その時は電車を使い、遊んできます。
平日に施設をお休みして、レストランに行って、外食も楽しんでいます。
最近、ホームの近くで扇の森の「森のカフェ」を見つけました。
そこの常連になりつつあります。
ホームに入居してから、スカートをはくオシャレもできるようになりました。
手押しの車椅子から電動車いすにひとりで乗り移ることもできるので、好きな時間に外に出て、すきな時間に帰ってくることもできるようになりました。実家にいる時には考えられなかった生活環境で、とても充実した毎日を送っています。ドッポケアホーム宝来に入居出来て良かったと思います。
ありがとうございます。
これからも、どうぞよろしくお願いします。



Number.14 ケアホーム お花見&植樹式

ドッポケアホーム宝来でお花見大会が開かれました!
さらに、何とケアホーム内にサクラの木の植樹も行いまいた。
これから毎年春の訪れが楽しみです!

動画再生はココをクリック



Number.13 イベント! て紹介!
〜クリスマス&新年会&歓迎会編〜

ホームページをご覧の皆様、あけましておめでとうございます。
より良きグループホームを作っていけるように努力していきますので、
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。      

★新年会 & 歓迎会★

1月5日から当グループホーム最後の入居者となります岡田さんが、仲間に加わって満床となり、歓迎と新年会を兼ねて食事会を開催しました。



写真にうつっていませんが、今回はサーモンのお寿司とコロッケのリクエストがありましたので用意しました。他にもピラフやサラダも作りました☆
コロッケは定番のジャガイモの他、コーン、カボチャと3種類もありました!!


やはり、こうした会も、全員揃うとにぎやかになりますね。
皆でテーブルを囲む行事が今後も盛り上がっていけばいいな、と思います。

岡田さん、これからよろしくお願いします!!!


グループホームでも年末年始は盛り上がりました!!!

★クリスマスパーティー★

12月23日(火)にグループホームでクリスマス会を行いました!!


まずは職員と利用者の皆さんで協力しながら室内の飾りつけをしました(写真左)。窓ガラスにもスプレーをかけて、クリスマスムードも高まる・・・♪(写真右)

装飾の合間に仮装をする人も・・・・(^O^)


今回のメニューはケンタッキーのセット、ピザーラのピザ、職員手作りケーキにクリスマスリースの形に盛ったサラダにお菓子にデザート、大満足の豊富なメニューでした。(食べ過ぎ?!)



運よく、職員のご友人から大きなクリスマスツリーを貸していただくことができました。
やっぱり、クリスマスと言えばツリーですよね、ありがとうございます!!!



いよいよクリスマス会の開始です!!皆さん、それぞれ衣装チェンジをしていますね。
とってもお似合いです☆季節感のあるBGMを流しながらビンゴゲームで景品を獲得したり、
食事やお酒を楽しみながら会話をしてのんびりとしたクリスマス会となりました。

クリスマスが終わるとあっという間に一年が終わってしまいます。今年も独歩のホームページをご覧いただいた皆様に、この場を借りて感謝申し上げます!!



Number.12 新しい仲間が入居しました!! 〜歓迎会編〜

当グループホーム5人目の入居者の女性、齋藤晃美さんの入居祝いをしました。

歓迎会のメニューは、ご本人のリクエストもあり、ホットプレートを使って焼肉をしました!!
(考えてみると、ハンバーグ、バーべキュー、と、、グループホームは肉好きが多いのですね)


まだまだ焼きます!!食べたもの勝ち?!


入居祝いでお酒も楽しみ、写真をぱちり



先に入居された利用者さんも優しく声をかけてくださいました。慣れない環境での生活は大変かと思いますが、これからゆっくりと自分のペースでグループホーム生活を楽しいものにしていって欲しいなぁと思います。



と、なぜか〆めに冷凍のごはんを使って焼きおにぎり作り開始!!


さらに、前回微妙に失敗?したゼリーのリベンジと、お酒の席でも料理作りを楽しみます。
そんなこんなでしたが、とても盛り上がった入居パーティとなって良かったです。

齋藤さん、これから宜しくお願いします!!!!



Number.11 みんなで作る!! 料理教室 第3弾 〜料理編〜

グループホームでは、入居の皆さんと一緒にお料理を作る料理教室を定期的に行っています。
今回は、
お餅とコーンのお好み焼き・イカのお好み焼き・焼きそば・柿入りゼリー
にチャレンジしました!

はじめに、ゼリーが固まるのに時間が掛かるので、手分けして準備をした。ゼリー班とお好み焼き班(焼きそば)に分かれて開始!!

ゼリー班は、メニューを見ながら調理開始。柿をカット(スライス)し、鍋で煮詰める。粉ゼラチンを溶かし、トロピカルジュースを流し込みました。
煮詰めた柿をボールに入れ、トロピカルジュースを流し入れました。あとは、固まるのが心配で、ドキドキしながら冷蔵庫へ。

お好み焼き班は、お好み焼き粉、卵、水、キャベツ、イカコーンを入れて混ぜました(黙々と混ぜる)全部で12枚分でしたので、こねるだけで一苦労!(途中休みながら行なう)

今回は、ホットプレートを使って作ってみました。焼き始めて、ひっくり返すころになって、みなさんから「大丈夫かな」「まだ焼けていないじゃないの?」
と心配していました。思い切ってひっくり返してみると、きれいなキツネ色に焼けました。焼きそばも良い感じで出来ました。



お好み焼き・焼きそばは、とても美味しく頂きました!! 結局、柿入りゼリーは、固まらずに食べれませんでした。残念。 次の日の夕食に美味しく頂きました。



Number.10 秋のバーベキュー大会!!New

天高く馬肥ゆる秋、
秋の穏やかな一日、
ドッポケアホーム宝来ではバーベキュー大会が行われました。

その様子を動画にしてみました・・・

動画再生はココをクリック



Number.9 みんなで作る!! 料理教室 第2弾 〜料理編〜

グループホームでは、入居の皆さんと一緒にお料理を作る料理教室を定期的に行っています。
近々では、
「カルボナーラスパゲッティ・ポテトサラダ・野菜コンソメスープ」
です!
「ハンバーグ」にチャレンジしました!
今回は、「カルボナーラスパゲッティ」作りの様子をご紹介します。
では、調理開始!!

コンロの前には女性利用者さんが立ち、パスタ、スープを作ります。
パスタはソース作りが大事です、焦がさないように慎重に・・・。
机の前では、カットの得意な利用者さんが材料を切っています。みじん切りから乱切りまで、何でもお任せです。

今回は利用者全員参加しています。皆で分担して、カルボナーラソース作り、ポテトサラダ作りに挑戦しています。
けっこう力がいるので、疲れたら、交代しています。

完成しました!カルボナーラソースがとても濃厚でおいしかったですね!食卓からは、次回のメニューは何にしようか、すでに会議が始まっています・・・。

その会議で決定したのが、ハンバーグ!


手作りだから、ハート型のハンバーグも作っちゃいました!!
みんなで作っただけに、愛情もいっぱいつまってます!!
みんなで美味しくいただきました。



Number.8 ケアホームの仲間たち-4 〜入居者編〜

ケアホーム入居者紹介の第4回目は5月末日に入居された戸塚さんです。掲載写真や枠などをご自分で加工されたようで、とってもポップな仕上がりになっています!

日々、悪戦苦闘です。

ドッポケアホーム宝来が4月にオープンして、5/31日から入居をしています戸塚輝生です。
ドッポケアホーム宝来に入居して4ヶ月に入ろうとしているところです。
個人的な話ですが、5/31日は、私の誕生日なのでこちらに入居できたのも何か運命的なことがあるのかなと感じています。

私は、ケアホームに入居するまでの約10年、埼玉県川口市の賃貸アパートで「ひとり暮らし」をしていました。

朝起きてから夜寝るまでの間は、ほぼ、訪問のヘルパーさんに「自分に必要な支援」をしてもらい生活をしていました。

ヘルパーさんの人員も年々減り続け、ここ数年は1ヶ月ヘルパーさんが埋まらない時も多くありました。こういったこともケアホーム入居を決めた要因の1つです。

また、今まで「ひとり暮らし」をしていたことで「家族」にも多くの心配をかけていたので、自分がケアホーム入居によって家族の私への心配事を少し減らしてあげられることができるかなとも感じています。

あと、「ひとり暮らし」をしていた時から、「親元も離れたし自分の収入で生活していきたい」と考えて仕事(職探し)をしてきました。

今までもいろんな企業様の面接等を受けてきましたが、なかなか上手くいかず、いろんな障害当事者団体や施設で、パソコンを主体とした作業をしてきました。これからもこの活動は続けていきたいと思いますし、自分の行動(仕事や生活面のことetc)が少しでも「後世の障害当事者」の人たちの役に立てばいいなと思っています。

そして、またいつの日か「家族」に心配をかけず、自分の周りにいるサポートをしてくれる人たちの力で生活ができることになったら、また賃貸アパートで「ひとり暮らし」を再開していきたいと考えています。(川口市も含むその他の都市でも・・・。)
こんな私ですが、よろしくお願いします。


Number.7 ケアホームの仲間たち-3 〜入居者編〜

現在、グループホームで唯一の女性入居者の丸田さん。
趣味に仕事に外出に、充実した毎日を過ごしています。ただ・・・

気の合う女性の仲間が欲しい!!

昨年からずっと親元を離れて自立したいと考えていました。始めは一人暮らしも考えていたんですが、不安に思うことがたくさんあり、今の私にはグループホームのほうが合ってるなぁと思い、グループホームを探していました。

その時にあるブログで新しくグループホームを立ち上げた方がいることを知りました。 ドッポケアホーム宝来さんでした。

すぐに電話をしてグループホームの見学に行きました。家に帰ってから自分なりに考えて、やっぱりお願いしたいと思い入居したい意志を伝えました。そして入居決定の連絡をいただき今に至ります。すごくやりたかったことなので、連絡をいただけた時はすごく嬉しかったです。

今入居して2ヶ月ちょっとが経ちました。 やっと生活にも慣れてきたかなぁというところです。何もかもが初めての経験で分からないことだらけなので、今はスタッフの方と話し合いながら生活しています。 今私は白岡市の会社に就労しています。通勤が1時間になってしまい正直しんどいなぁと思うこともあるんですが、スタッフの皆さんにサポートしてもらいながら何とか通うことが出来ています。

私は、昔から絵を描くことが好きだったので趣味でパステルを始めていて、最近パステル和アート準インストラクターの資格を取ったので、それを生かして何か活動していけたらいいなぁとも考えています。

そして、グループホームでやりたかったことの一つの料理も、少しずつやっていきたいなぁと思っています。 まだ料理教室は1回しか開催されてないんですが、スタッフや利用者の方達と楽しく作ることが出来ました。次の教室が楽しみです。
今まで出来なかったこと、叶えたかったことをゆっくり一歩ずつ叶えていければいいなぁと思っています。
出会った縁を大切に、 自分を大切に、無理をせず楽しく生活していきたいです。

今女性の利用者が私だけなので女性の方が入ってくれると嬉しいです♪ よろしくお願いします。



Number.6 この言葉に毎日励まされています! 〜仲間編〜

独歩ケアホーム宝来のオープン以来、リビングの壁に掛けられている筆文字の作品、「MOJI art」と言うのですが、漢字の中にひらがなでもう一つのメッセージが込めらた書道アートです。

車いす生活をしていらっしゃる書道家、浦上秀樹さんが当ホームのオープンのために、わざわざ書いてくださった作品です。立ち止まることなく目標に向かって着実に進んでいくという「歩」の中に、よくご覧いただくと分かりますが、ひらがなで「なしとげる」という文字が書かれています。

4月にスタートしたばかりの当ホームにとっては、本当に嬉しく心強い言葉です。
これから、当ホームや利用者の方々が困難に直面することもあるかと思います。しかし、そのような時はこの言葉を噛みしめていきたいと思います。

理想とするグループホームの実現を「なしとげる」・・・浦上さんはじめ多くの方々の応援に応えていくためにも一歩 一歩前進していきます。



Number.5 普段の介助に強い味方 天井走行型リフター 〜設備編〜

毎日の入居者のケアは、スタッフのマンパワーがメインです。
ただ、ベットへの移動や入浴の場面などでは、やはりパワーが必要となってきます。

そんな時、ケアホームには入居者を安全かつ安心してスムーズにケアするための機器がスタンバイしているのです。
そのひとつが『天井走行型リフター』。
公益財団法人JKAが行う補助事業「RING! RING! プロジェクト」の支援を利用して導入しました。

リフターは、天井に設置されたレールに沿って介助者を少ない力で移動させてくれます。設置場所は、浴室(2ヶ所)、1階の部屋、ショートステイの部屋と全部で4ヶ所あります。

入居者はもちろん、女性スタッフの介助も楽にしてくれる頼もしい機器なのです。

JKA補助事業報告書でも紹介しています。

洗い場と浴槽の移動用に設置されたリフト

写真左:リフトの上下作動するための駆動部分
写真右:1階居室に設置されたリフト

ショートステイの部屋に設置されたリフト。ベットと車いすの間の移動に使います



Number.4 ケアホームの仲間たち-2 〜入居者編〜

ケアホーム入居者紹介の第2回は5月から入居された長谷川さんです。自立への第一歩として、住居探しでケアホームを選択されたとのこと。入居2カ月が経過しホームでの生活にも慣れ、次は就職へ向けて毎日が勉強のようです。

毎日がすごく楽しい!!

 ドッポケアホーム宝来が4月にオープンして、5月7日から入居している長谷川です。入居してから2ヶ月がたち、ようやく生活にも慣れてきました。
 私は、埼玉県総合リハビリテーションセンター(以降、県リハ)に入所していてそろそろ自立したいと思い、住む場所を探していたところ、運よくドッポケアホーム宝来に入居が決まったのです。期待半分不安半分でした。 共同生活なので約束事はありますが、予想に反して自由な雰囲気ですごく良いのです。私はお酒が好きなので毎日飲んでいます。
 今私は、就労移行支援なので就職活動しています。日中活動については月曜日から金曜日まで県リハでパソコンをやっています。資格を取得するために勉強を始め、日商簿記3級にも合格しました。勉強嫌いな私でしたが、毎日が勉強で頑張っています。
 誰でもそうですが勉強好きな人はいないと思います。前はもっぱら体を使った仕事をしていましたが、車椅子生活になった今、身体が思うように動かないので机で出来る仕事を探すことになりました。目標を持ち有意義な生活をしていきたいと考えています。少しずつでも何かを見つければいいと思います。車も購入して動ける範囲も広がりました。ドッポケアホーム宝来に入居できて本当に良かったです。


Number.3 みんなで作る!! ドッポオリジナルカレー 〜料理編〜

利用者さんから、自分たちでも料理をしてみたい!との声が多く、機会を設けることにしました。
みなさん、久しぶりに料理に挑戦されるので、まずは定番のカレーを作ってみよう、との話になりました。
隠し味はコーヒーの粉・醤油・ソース・赤ワインを使います。

では、クッキングスタート!!

野菜を煮込むため、大きめのカットにしていきます。途中、会話もしながら、のんびり作っています。

写真左:茹でたとうもろこしをひとつずつ剥いていきます。これはスープの具にします。
写真右:サラダを盛り付けてきます。手袋をして、ひとつずつ行います。

写真左:煮込んでいきます。ここで、隠し味の投入!!!
写真右:スープも作っています。ひとつずつ剥いたとうもろこしとワカメで、あっさり味に仕上げます。

盛り付けて、完成!!!

お味は・・・ 最後にとろみをつけようと、片栗粉を入れたのですが少し粉っぽくなってしまいました。ですが、利用者さんがじっくり煮込んでくださったおかげて粉っぽさもなくなり、美味しく仕上がりました。 隠し味をいくつか入れたので、深みのあるカレーができました。やはり、自分たちで作った料理は一味違うものになったようです。付け合せのサラダや、スープも美味しくできました。

次回は、パスタを作りたい、という話になっています!!!



Number.2 歓迎会が開かれました 〜入居者編〜

先日、新しく入居される方の歓迎会が行われました。一流ホテルの料理人による美味しい料理の数々にお酒も入り、楽しく盛り上がったようです。また、入居者の浅見さんの還暦を一緒にお祝いし、とてもおめでたいパーティーとなりました。



Number.1 ケアホームの仲間たち 〜入居者編〜

記念すべきホーム入居者第1号の浅見さん。ホームでの生活がすでに2カ月近く経とうしています。
今回は、浅見さんにホームでの生活を語っていただきました。

毎日がとっても充実しています!!

ドッポケアホーム宝来が4月にオープンとなり、4月22日から入居している入居者の浅見です。
元々、私は「障害者支援施設」に入所していましたが、行く行くは出身地のさいたま市で生活したいということが私の将来の強い希望でした。
さいたま市には同級生の友人も沢山いて暮らし易いと思ったからです。
そんな折、私は幸いなことにさいたま市にケアホームが建設されるという情報を手に入れることが出来、それが「ドッポケアホーム宝来」だったのです。
初めは正直、半信半疑でこの日を待ち望んでいました。
実際、お会いすると理事長、施設長はじめスタッフの皆様が人間としてとても素晴らしい、いい方ばかりで、安心したことを鮮明に覚えています。そして私は、運よく入居することが出来ました。
今の私の生活を紹介します。
月曜日〜金曜日までは基本的に日中は近くの障害者用のDサービスへ通っています。
Dサービスは2か所に通っていて、全く内容が違うので一週間が変化に富み、とても充実していると思っています。
入居者も徐々に増えて、今月末までに4名となります。私が感じているのは入居者一人一人がみんな個性的で、自分の人生と向かい合って生きているということです。年齢もそれぞれ違いますが、みんな仲良く生活しています。週末は私もお酒を飲んだりして、生活を楽しんでいます。
又、近くのコンビニ店へ買物に行ったりしています。基本的に節度はありますが、何をしても自由となっています。
今、私は本当に幸せと感じています。「ドッポケアホーム宝来」で生活出来て、毎日が充実しておりとても幸せです。
   

ショートステイ
相談受付中!!

お気軽にお問合せください。

>>>ショートステイご希望の方
こちらの申込書をご利用下さい


<お問い合わせ先>
ドッポケアホーム宝来
TEL.048-620-2020
FAX.048-620-2022

バナースペース


JKA補助事業報告